トップ >

資料請求リストを確認する


  • 明治大学リバティアカデミー
  • 中央大学ビジネスス同志社講座【ビジネス講座】
  • みなとみらい なでしこ起業塾

オススメビジネス講座の紹介

ビジネス

申込受付中(先着)

7/15(土) 全1回

北海道・オホーツク学への誘い~オホーツクの流域循環から食育を考える~(D)

東京農業大学世田谷キャンパス (世田谷区区)

A日本でも有数の農林水畜産資源の宝庫である北海道オホーツク地域。この地域の食を楽しみながら、オホーツクの生物産業を学びます。用意したコースは、山、海、川、平野の4 つ。それぞれのフィールドで得られた美味しい食材をご用意します。

申込受付中(先着)

7/26、8/2・9(水)全3回

対人関係に役立つスキルを学ぶ~すぐ使えるコミュニケーション術~

文京学院大学 生涯学習センター (文京区)

自分自身の対人関係を改善するだけでなく、人とのトラブルや摩擦を未然に防ぐスキルを学びます。知識だけでなく、すぐ使えるスキルを、体験しながら楽しく学びましょう。

申込受付中(先着)

7/16(日) 全1回

リーダーのためのハラスメント対処を学ぶ 大きな問題となっているセクハラ・パワハラの対処方法を考えよう

神奈川大学 KUポートスクエア(神奈川県)

代表的なハラスメント行為であるセクハラとパワハラについて、調査データをもとに、実態を理解。また、均等法が企業での防止に向けた措置義務を課しているセクハラ行為について、どのような行為がそれに該当するのか、原因と損失について判例をもとに理解していただき、上司として部下からのセクハラ相談に対処する際の留意点を解説します。


語学

申込受付中(先着)

6/24、7/22、9/2(土)全3回

英文法のひみつ ―動詞・助動詞編

自由学園明日館(豊島区)

言語はその国の文化を宿しています。日本語には日本人の考え方、伝え方などがあり、時代と共に単語や使い方が変わっていきます。英語も同じこと。それぞれの国の歴史やプロセス、発想の違いを理解しないと、意味が違ってしまうのです。“訳す”ことが前提だった学生時代の英語教育、それは一旦横においてもう一度“英語の発想”で英語に取り組みます。

申込受付中(先着)

7/15~9/30(土) 全10回

ゆっくり楽しむ中国語初級 中国語のしくみ、簡単な会話をマスターする

神奈川大学 KUポートスクエア(横浜市)

中国語を学ぶには最初の適切な学習法が肝心です。特に発音が難しい中国語ですが、この発音指導に定評のある講師が担当します。中国語での簡単な日常会話ができれば、旅行や出張時も少し安心です。中国人の国民性や最新中国情報にも触れます。

申込受付中(先着)

7/1~7/29(土) 全5回

英語の世界に飛び込もう!(5週間のコース)【英語で学ぶ公開講座】

テンプル大学ジャパンキャンパス (港区)

このコースは、一般英語コースの入門または初級レベルに位置する方を対象とし、スピーキングに特化する様々なエクササイズやアクティビティを取り入れて行われます。一歩前へ足を踏み出して、英語の世界を探求しましょう!


教養・趣味 資格

申込受付中(先着)

7/22(土) 全1回

鉄道の旅の楽しみ方~テッチャン先生が鉄道旅を語る~

東京理科大学 生涯学習センター(新宿区)

鉄道の全路線を端から端まで乗車することを「全線完乗」といいます。2009年10月17日、鳥取県の若桜鉄道を乗車したことで、「全線完乗」しました。
この講座では、今までの鉄道旅の経験から、旅程の作り方、準備、おすすめの場所等、鉄道旅の楽しみ方に加え、郵便局の記念印の一種である「風景印」の楽しみ方等をお話しします。ラジオ番組でも話をしていますので、そこで話した内容を、ラジオでは紹介できない写真を使いながら、紹介します。

申込受付中(先着)

7/8(土) 全1回

内田吉保氏に学ぶ史跡探究シリーズ 第1回常陸国を巡る古代より中世の旅

東海大学 小田急まなたび共同企画 フィールドワーク 旅行講座

常陸国は現在の茨城県ですが、風土記を残している数少ない国です。古代の面影を伝える船塚山古墳や鹿の子遺跡など、奈良時代の遺跡である国分寺の跡、規模や状況をわかり易く整備された国分尼寺跡、現在小学校の敷地になっている平安時代の重要な場所である国府跡(平将門の遺跡)、さらに中世の常陸にとって重きをなす常ひたち陸大だい掾じょう氏の墓所の平福寺など、あまり馴染みのない遺跡を訪ねて常陸国の歴史、地理を楽しみましょう。

申込受付中(先着)

7/15(土)7/22(土)8/26(土)全3回

フレーバー・フレグランス検定3級試験付き対策講座

東京農業大学世田谷キャンパス(世田谷区)

精油や香り物質の科学的理解、調香技術からアロマテラピーも含む香り全般の広い基礎知識を習得することを目的とする。2回の対策講座を行い、3 回目に検定を実施。合格者にはフレーバー・フレグランス協会(代表理事:藤森 嶺)より合格証を発行する。



↑ページの先頭へ