講座詳細情報

申込締切日 / 2023-02-18ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 740704

現代の炎上社会を分析する

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
2月20日(月)~ 3月 6日(月)
講座回数
3回
時間
19:00~20:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
10,246円
定員
20
その他
会員受講料: 8,910円(入会金は8,000円(税込))
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・炎上という現象の構造と社会的背景を理解する。
・ネット社会に特有の社会対立の構図を理解する。

【講義概要】
「炎上」とは、特定の話題をめぐってネット上に投稿が殺到し、収拾がつかない状態になってしまうことを意味する。今日の社会では日常茶飯事となっているものだが、ではそうした現象をかくも夥しく呼び起こしてしまうこの「炎上社会」とは、いかなるものなのか。それはどんな対立構造を持ち、いかなる紛争状況を抱えているのか。さらにその背景にはどんな社会構造があり、時代状況があるのか。本講義では、とくにその政治的な文脈に目を向けながら、今日の炎上社会の成り立ちを分析してみたい。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/20(月) バイトテロ騒動から自粛警察まで
第2回 2023/ 2/27(月) ハッシュタグアクティヴィズムと誹謗中傷
第3回 2023/ 3/ 6(月) 差別をめぐる動きとキャンセルカルチャー

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は、3月13日(月)を予定しております。
◆Zoomミーティングを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。
◆本講座の動画は、当該講座実施の翌々日(休業日を除く)17:30までに公開します。インターネット上で1週間のご視聴が可能です。視聴方法は、以下をご確認ください。?
【会員】授業動画の視聴方法(会員向け)?
【ビジター・法人会員】授業動画の視聴方法(ビジター・法人会員向け)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 伊藤 昌亮
肩書き 成蹊大学教授
プロフィール 専門は社会学・メディア研究。デジタルメディアと社会運動・集合行動との関係を研究。主な著書に『炎上社会を考える』(中央公論新社)、『ネット右派の歴史社会学』(青弓社)、『デモのメディア論』(筑摩書房)など。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座