講座詳細情報

申込締切日 / 2023-01-11ジャンル / 学内講座コード / 240707

東アジア情勢を読み解く

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
1月13日(金)~ 3月10日(金)
講座回数
5回
時間
10:30~12:00
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
17,077円
定員
30
その他
会員受講料: 14,850円(入会金は8,000円(税込))
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・東アジア情勢をみていくうえで基本となる知識や視座を学ぶ。
・歴史的背景を知りバランスの取れた判断力を獲得する。
・最新のニュース分析を知り理解を深める。

【講義概要】
世界は激動の時代に直面している。2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻は欧州秩序を一変させ、中ロの接近を加速させた。米中新冷戦は深刻になり、中台緊張が高まって東アジアの不安定化が進んでいる。朝鮮半島では金正恩体制の核戦略が精密化しており、韓国に5年ぶりの保守政権、尹錫悦政権が誕生したことで南北対立も鮮明になった。今講座では、こうした国際情勢における東アジア情勢の現状を立体的にとらえ、理解を深めていきたい。中台問題や朝鮮半島の動向は日本の安全保障に直結している。北朝鮮という理解不能な国の実態や南北関係、また日本と韓国の関係、中国リスクなどについての地域情勢の深層をわかりやすく解説していく。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 1/13(金) 国際社会の潮流と東アジア
第2回 2023/ 1/27(金) 北朝鮮金正恩体制と核問題
第3回 2023/ 2/10(金) 韓国尹錫悦政権と日韓関係
第4回 2023/ 2/24(金) 韓国政治の特殊性
第5回 2023/ 3/10(金) 東アジアの地政学と中台問題

備考

【ご受講に際して】
◆地域情勢の変化によって、講座内容が変更になることがあります。
◆休講が発生した場合の補講日は、3月17日(金)を予定しています。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 久保田 るり子
肩書き 産経新聞編集委員、國學院大學客員教授
プロフィール 東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業後、産経新聞社入社。韓国・延世大学語学堂留学、防衛省防衛研究所、一般課程修了。韓国ソウル特派員、外信部編集委員、政治部編集委員を経て現職。國學院大學客員教授。著書に「金日成の秘密教示」、「金正日を告発する~黄長燁の語る朝鮮半島」、「反日種族主義と日本人」(文藝春秋)など。朝鮮半島、東アジア情勢が専門分野。
資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座