講座詳細情報

申込締切日 / 2022-07-13ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 720721

戦後日米 欲望の社会史―サブカルチャーから思想まで60‐90s

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
7月15日(金)~ 8月 5日(金)
講座回数
4回
時間
19:00~20:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
30
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・戦後から現在に至る歩みの中で、60年代から90年代を中心に、それぞれ時代の輪郭をつかむ。
・同時代の現象をつなげてイメージを膨らませ、外来文化の吸収の仕方などへの考察も交えて、時代の「読み方」を深めていく。
・複雑化する現代社会の実相をつかむための「問いの立て方」を考える。特に影響の大きいアメリカとの関係性にも着目する。

【講義概要】
人々の欲望が社会を作り、社会が欲望を人々の心の底に埋め込む。戦後、60年代から90年代まで、人々の意識の変遷を見つめることで見えてくるのは?
あの時があるから今がある。今、私たちはどんな時代に生きているのか?戦後社会の潮流の変化、大衆の無意識の変容を、様々なトピック、映像などもまじえて考えていく。
時にサブカルチャー、時に経済事象、思潮などから、現在へと至る日本社会の形、日本人の心の変化、そしてアメリカ社会の変化についても考察する。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/15(金) 序論 サブカルチャー的思考とは?~「激動の60年代」の本質を考える
第2回 2022/ 7/22(金) 「空白の70年代」の内実~モラトリアムの時代に
第3回 2022/ 7/29(金) 「価値紊乱の80年代」を読む~消費文化の光と影の実相
第4回 2022/ 8/ 5(金) 「90年代のエアポケット」から「激変」の0年代へ~まとめ

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は、8月26日(金)を予定しております。
◆Zoomミーティングを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。
◆2021夏のオンライン講座『戦後ニッポン 欲望の社会史 ― サブカルチャーから思想まで』と、一部内容が重複します。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 丸山 俊一
肩書き NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー、東京藝術大学客員教授
プロフィール 慶大経済学部卒業後NHK入局。「欲望の資本主義」「欲望の時代の哲学」「ニッポン戦後サブカルチャー史」「英語でしゃべらナイト」「爆問学問」などを多くの教養ドキュメントなどを企画開発。現在も「欲望の資本主義」「世界サブカルチャー史」「ネコメンタリー猫も、杓子も。」他時代の潮流を捉える異色の企画をプロデュースし続ける。著書『14歳からの資本主義』『14歳からの個人主義』『結論は出さなくていい』他、共著『世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70~90s「超大国」の憂鬱』『欲望の資本主義1~6』『マルクスガブリエル 欲望の時代を哲学する』『AI以後』他多数。藝大などでは社会哲学を講義する。
資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座