講座詳細情報

申込締切日 / 2022-07-28ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 220402

歌舞伎から見る日本文化 カブキの発想とその美感

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
7月30日(土)~ 9月24日(土)
講座回数
5回
時間
15:00~16:30
講座区分
その他 
入学金
8,000円
受講料
15,868円
定員
30
その他
ビジター価格 18,095円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・歌舞伎を楽しく観るために、「傾き」という発想を知る。
・歌舞伎の本質を知るために、その背景にある日本文化や民俗を知る。
・「藝」の巧拙を語るため、名優の至芸を映像で鑑賞する。
・歌舞伎「通」に近づくため、音曲を一節体験する。

【講義概要】
舞台からよみとれる歌舞伎の美学にアプローチします。名作が作られた背景にある日本文化を追究し、歌舞伎を見る感性を涵養しましょう。演技・演出・型にこめられた意図を探り、日本人が伝承してきた美感と発想を浮き彫りにします。今期は主に芸談や言葉から歌舞伎美を学び、親子を扱った作品の魅力にも迫ります。講義後半に実施予定の実演では、有名な歌舞伎音楽の一節を口ずさんでみることにします。
〈岸澤式松プロフィール(実演者)〉
常磐津節三味線方。福岡県出身。平成3年入門以来、歌舞伎公演・日本舞踊公演で随時活動する若手演奏家。平成15年から「岸澤式松の会」開催。

【各回の講義予定】
第1回 2022/ 7/30(土) 歌舞伎の芸談(1) 江戸時代編
第2回 2022/ 8/27(土) 歌舞伎の芸談(2)?近代編
第3回 2022/ 9/ 3(土) 歌舞伎で聞く江戸言葉
第4回 2022/ 9/10(土) 歌舞伎にみる親子関係?戦争と親子
第5回 2022/ 9/24(土) 歌舞伎音楽 鑑賞と体験

備考

【ご受講に際して】
◆実演日は9/24を予定しています。

【備考】
※講師都合によりパンフレットの日程から変更になっています。
変更前 7/23, 7/30, 8/27, 9/03, 9/10

変更後 7/30, 8/27, 9/03, 9/10, 9/24

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 鈴木 英一
肩書き 早稲田大学演劇博物館招聘研究員、常磐津節演奏家
プロフィール 1964年生、早稲田大学大学院博士課程満期退学。歌舞伎研究家。研究成果を活かした創作活動も行う。主著に『十代目松本幸四郎への軌跡』(演劇出版社)、歌舞伎創作に「幸希芝居遊」等がある。現在、早稲田大学演劇博物館招聘研究員、聖学院大学、宇都宮大学講師。常磐津節演奏家。
名前 岸澤 式松
肩書き 常磐津節三味線方
プロフィール
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座