講座詳細情報

申込締切日 / 2022-09-11ジャンル / ヘルスケア・スポーツ 学内講座コード / 2022210

筋肉は生きる力! ~加齢に負けず筋肉の力でアクティブに生きる方法~

主催:昭和大学リカレントカレッジ昭和大学 旗の台キャンパス(東京都)]

問合せ先:昭和大学リカレントカレッジ TEL:03-3784-8143

開催日
10月05日(水)~11月30日(水)
講座回数
5回
時間
18:00~19:30
講座区分
後期 
入学金
3,000円
受講料
15,000円
定員
20
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
加齢に伴う筋肉量の減少は自立した生活に対して次第にマイナスとなり行動範囲が縮小し、思考力も弱まる。それらの予防改善には日頃の筋トレの継続が重要な鍵となる。コロナ自粛下で低下した体力の改善・向上にも役立つ筋肉つくりの理論と実践を行う。

【対象】
中高齢者で体力面に不安が出てきた方、または、その予防と改善のために自分の体力を見直し、筋力トレーニングに興味がある方。

【講座スケジュール】
1 2022/10/05(水) 加齢に伴なう筋量の減少、速筋線維の萎縮・神経系機能の低下と体力(講義・実技)
2 2022/10/19(水) 歩行速度と筋肉量、寿命の関係を理解する(講義・実技・脚力測定)
3 2022/11/02(水) 加齢と転倒、骨折の原因と筋力トレーニング(講義・実技)
4 2022/11/16(水) 大腿前部・腸腰筋の筋量と生命力との関わり(講義・実技)
5 2022/11/30(水) 筋トレの原理・原則に従った継続した体の手入れが生む効果(講義・実技)

備考

【予備日】
毎回筋トレをするので運動がしやすい服装、靴、タオル、飲み物等を各自準備

【備考】
◆一般目標(GIO)
加齢に伴なう筋量の減少は誰にでも起こるが、さらにコロナ自粛生活の中からは運動不足がそれに拍車をかける。下肢にある大筋群の筋量減少は行動力が緩慢となり脳神経への影響、自力での生活に悪影響を及ぼす。このような流れに負けず自分の力で悔いのない体づくりに挑戦したい。

◆評価方法
課題、レポートと実技による評価

【特記事項】
・最少施行人数に達しなかった場合は、中止となる場合がありますので、ご了承ください。

【教材・推奨参考図書】
◆教材(教科書、推奨参考図書、プリント等)
「一生山に登るための体づくり」石田良恵 著


※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。
※最少開催人数に達しない場合は開講を中止させていただくことがございます。

 

講師

名前 石田 良恵
肩書き 女子美術大学名誉教授
プロフィール 1989年~1990年 フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。
専門は運動生理学(身体組成、加齢、トレーニング)。女子美術大学を定年退職後、登山に目覚め、
日本の山をはじめインド・ヒマラヤ、キリマンジャロ、ブータン、台湾の山などに毎年登る。現在、高齢者の安全登山、生涯登山を目指した筋トレの必要性から「山筋ゴーゴー体操」を提案、テキストを作成し全国規模で普及活動中。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座