講座詳細情報

申込締切日 / 2022-12-04ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 2231T013

現代銀座考:800日間銀座一周

主催:東京都立大学オープンユニバーシティ東京都立大学 飯田橋キャンパス(東京都)]

問合せ先:東京都立大学オープンユニバーシティ TEL:03-3288-1050 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-5-1 E-Mail ou-kouza@jmj.tmu.ac.jp 東京都立大学オープンユニバーシティ 「学びたい」ものを「学びたい」ときに ㏚動画 https://youtu.be/KQE82OiwP_k Web https://www.ou.tmu.ac.jp/web/ facebookはじめました! https://www.facebook.com/tmu.openuniversity

開催日
12月14日(水)~12月21日(水)
講座回数
2回
時間
18:30~20:00
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
5,000円
定員
15
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
あんぱんを買い、一杯の酒を飲み、一着のスーツを作る。「一冊の本を売る」コンセプトで人気の森岡書店代表が、銀座の街を現在から過去、そして未来へと旅をする。明治の大火や関東大震災に戦災、そしてコロナ。幾度もの危機を経てきた街とそこに関わる人々の魅力を、解説します。
本講座は、講師である森岡督行が、文春文庫から出版した「800日間銀座一周」に基づく内容になっていますが、著作で著わした内容の背景や、書ききれなかったことも紹介します。
当著作は、資生堂の「花椿」で銀座について40回に渡り書いてきた内容を、あらためてまとめて出版したものです。その際のあとがきに、このように書いています。
この時代の銀座を書くにあたり、私は、以下のことを心に決めました。もし時代に良い面と悪い面があるなら、良い面をみよう。いまこそ銀座の良さを書きたい、とそしておよそ800日、自分なりに銀座を歩いて思ったのは、銀座を良い街だということです。
さあ、銀座の旅に出発しましょう。

【講座スケジュール】
第1回 12/14 18:30~20:00
第2回 12/21 18:30~20:00

備考

※この講座は実際に街歩きは行いません。

【対象者】
一般の方・大学生・高校生

単位数:1単位

※定員の充足状況の変化で、締切前でも受付終了・開講中止等になる場合があります。

お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 森岡 督行
肩書き 森岡書店 代表
プロフィール 1974年山形県生まれ。神保町の一誠堂書店での勤務ののち、茅場町で写真集や美術書を主とする古書店兼ギャラリー「森岡書店」を経て、2015年5月に銀座1丁目に「一冊の本を売る書店」として「森岡書店銀座店」を開店。著作に『荒野の古本屋』(小学館文庫)、「東京旧市街を歩く」(エクスナレッジ)など。本年4月に、資生堂『花椿』オンラインに2年に渡って連載された「現代銀座考」を文春文庫から『800日間銀座一周』として上梓。企画協力した展覧会に「そばにいる工芸」(資生堂ギャラリー)、「畏敬と工芸」(山形ビエンナーレ)などがある。現在、小学館「小説丸」にて『銀座で一番小さな書店』を、資生堂『花椿』オンラインにて『銀座バラード』を連載中。
資料を請求する
この講座について主催校に質問する