講座詳細情報

申込締切日 / 2023-01-25ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 04FC1

中国をどう理解し、向き合うか

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]

問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420

開催日
02月04日(土)~03月04日(土)
講座回数
3回
時間
13:30~15:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
5,700円
定員
10
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

世界第2位の経済大国に急発展した中国は、歴史的転換期を迎えた世界の中で大きな影響力を持つ存在になっています。そして中国自身もまた、政治的、経済的、社会的に大きな転換期にあると考えられます。その中国を適確に理解し、日本は中国とどう向き合うべきかを考えるため、日中双方の国家、民族、社会、経済の成り立ちを再確認し、今後の見通しを予測するとともに、日本の課題について考えます。

【スケジュール】
第01回 02月04日(土) 始皇帝以来の表意文字と中央集権体制、法家・儒教/共産主義理論による秩序維持の統治システム。
第02回 02月18日(土) 中国経済の発展要因と課題、世界のサプライチェーン、生産過剰の旧産業、金融リスク、自動車、ICT。
第03回 03月04日(土) 米中対立、軍産複合体・石油資本・国際金融資本、米国内政の分裂、世界構造の転換、日本の課題。

備考

授業スケジュールは、進み具合によって変更する場合があります。

講師

名前 藪内 正樹
肩書き 敬愛大学 経済学部 教授
プロフィール 東京大学工学部原子力工学科卒業後、日本貿易振興機構(JETRO)に入構。
香港大学で中国語(標準語)の研修のほか、北京事務所員、大連事務所長、上海事務所長、海外調査部長、上席主任調査研究員等を務める。
平成26年4月より、本学にて中国ビジネス論、世界の流通産業 、医療と健康の経済学、地域企業経営論等の講義を担当。
インタビュー記事
http://juken.u-keiai.ac.jp/keiaijin/45626/
資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座