講座詳細情報

申込締切日 / 2021-09-22ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 730209

奈良時代に臣籍降下した人びと 『続日本紀』を読む

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンライン講座(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
9月24日(金)~10月15日(金)
講座回数
4回
時間
10:30~12:00
講座区分
後期 
入学金
8,000円
受講料
11,880円
定員
90
その他
ビジター価格 13,662円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【目標】
・奈良時代の正史である『続日本紀』の読み方を習得する。
・奈良時代のようすを理解する。
・日本古代史の基礎的知識を獲得する。

【講義概要】
21世紀に入ったあたりから、女性天皇・女系天皇・女性宮家なども含めて天皇・皇族のあり方をどうするべきか、議論が続けられています。今なお確たる結論が出ていませんが、他方、これまで皇親(皇族)を離れた人びとにはどのような人がいたのでしょうか。本講座では、主に奈良時代についての正史『続日本紀』を読みながら、奈良時代に皇親ではなくなった人びとの実例・実態および彼らを取り巻く政治状況などに迫りたいと思います。『続日本紀』には、薨卒伝という個人の伝記が所収されており、本講座ではこれらを中心に読み進めたいと考えております。

【各回の講義予定】
第1回 2021/ 9/24(金) 文人政治家淡海三船
第2回 2021/10/ 1(金) 橘氏と文室氏
第3回 2021/10/ 8(金) 長屋王の変を生き抜いた人びと
第4回 2021/10/15(金) 政変に関与した人びと

備考

【ご受講に際して】
◆教材となる漢文のテキストはPDFで配付いたします。
◆休講が発生した場合の補講は、10月29日(金)を予定しております。
◆Zoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
◆お申込みの前に必ず「オンラインでのご受講にあたって」をご確認ください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 岩本 健寿
肩書き 早稲田大学講師
プロフィール 1983年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学・早稲田大学)。専門分野は日本古代史。飛鳥・奈良・平安時代の施薬院や悲田院を研究する。主な論文に「日本古代の興福寺施薬院と福田思想」(『ヒストリア』)、「日本古代の救療活動と「悲田」」(『人民の歴史学』)など。
資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座