講座詳細情報

申込締切日 / 2021-09-24ジャンル / 起業・副業・キャリアアップ 学内講座コード / 21110102

【対面】財務諸表の監査Part3 ―監査結果の報告―【金融・会計・財務】

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]

問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423

開催日
10月 2日(土)、10月 9日(土)、10月16日(土)
講座回数
3回
時間
10:30~12:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
11,550円
定員
30
補足
講座を申し込む

講座詳細

【講座趣旨】
Part3では、監査の結果として次の4種類の監査意見を取り上げます。(1)財務諸表には重要な虚偽の財務報告はないという旨の監査意見、(2)一部に重要な虚偽の財務報告があるかまたは一部監査ができなかった項目があるが、それらを除けば財務諸表は投資意思決定に利用できるという旨の監査意見、(3)重要な虚偽の財務報告が広範囲にわたっているため財務諸表全体が利用できないという旨の監査意見、そして、(4)監査を実施できなかった部分が広範囲のため監査意見を表明できないという旨の監査意見です。
そして、監査人が監査実施と監査報告の際に遵守しなければならない監査の品質管理について、品質管理の意義や内容、遵守すべき基準等について考えます。
最後に監査を含む業務としての保証業務を取り上げます。

【特記事項】
【ジャンル】金融・会計・財務
【講義レベル】基本~応用

※本講座は対面型となります。

■対面型講座における感染予防対策についてはこちらをご確認ください。

■申込締切日:9月24日(金)

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

【講義概要】
第1回 10月 2日(土) 監査結果の報告
4種類5類型の監査意見と2種類の追記情報を取り上げます。

第2回 10月 9日(土) 監査の品質管理
監査の品質管理の意義、内容、考え方を取り上げます。

第3回 10月16日(土) 財務諸表監査の周辺業務
四半期財務諸表のレビュー業務と保証業務を取り上げます。

備考

【講座をお薦めする方】
会社等の経理部や財務部等に勤務されている方

【教材】
・長吉眞一他『監査論入門(第4版)』(中央経済社,2021年),3,080円(税込)
・この他、必要に応じて資料を配布します。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 長吉 眞一
肩書き 公認会計士,元明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授
プロフィール 1980年明治大学大学院商学研究科単位修得満期退学後、大手の監査法人に勤務し、約20年間にわたって大企業の会計監査業務に従事。その後、九州大学助教授、立正大学教授を経て、2005年4月~2021年3月明治大学専門職大学院会計専門職研究科教授。『監査一般基準論』(2005年度日本監査研究学会監査研究奨励賞受賞)、『監査意見形成の構造と分析』(2005年度日本公認会計士協会学術賞-会員特別賞受賞)など著書、論文、学会発表等多数。
講座を申し込む
この講座について主催校に質問する

関連講座